イケア森林プロジェクト

イケアグループは外部機関とともに数々の森林プロジェクトに参加しながら、
イケアが企業活動を行っている国々で、責任ある森林管理の活動
対策を推進しています。イケアグループの森林プロジェクトでは、
責任ある森林管理活動、FSC(Forest Stewardship Council、森林管理協議会)
認証取得能力の構築、違法伐採の防止、森林管理の研究・教育に重点的に取り組
んでいます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

森林プロジェクトでのイケアとWWFの協力体制

森林プロジェクトでのWWF(世界自然保護基金)とイケアの連携は、
世界の森林をもっと大切にケアしていくという両組織共通のゴールにもとづいて
います。イケアグループとWWFは、合法的な森林管理と木材取引の推進、
持続不可能な伐採のレベルの低減、優先地域にある森林の責任ある管理の促進に
向けて、一連のプロジェクトを行っています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

「Sow a Seed 種まきプロジェクト」

「Sow a Seed 種まきプロジェクト」は、
マレーシア領ボルネオにある1万8,500ヘクタールの熱帯雨林の回復を
援助しています。もともとこの地に自生していた幅広い樹種を植林することで、
伐採によって荒廃し、1983年の森林火災によって打撃を受けたこの森の回復を
目指しています。プロジェクトの初期段階では、立ち上げ資金のためにイケアの
お客さまから大きなご協力をいただきました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

レインフォレスト・アライアンス(熱帯雨林同盟)

FSC(Forest Stewardship Council、森林管理協議会)の
森林認証制度を中国国内に促進・普及させるため、
中国の森林管理者や関係者を対象にFSCの認証原則を教える活動を行っている
Rainforest Alliance(レインフォレスト・アライアンス、熱帯雨林同盟)を、
イケアグループは支援しています。レインフォレスト・アライアンスのワークショップを
開催するためのノウハウやツールを持った専門家を派遣し、
中国国内での持続可能な森林管理への意識を高めています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

森林管理でのその他の協力関係

イケアグループでは、積極的に地域のプロジェクトに参加したり、森林管理、森林教育、森林保全を
専門とする団体組織との対話を行ったりしています。こうした協力関係が、森林管理をめぐる
イケアの長期目標の実現を支えています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

商品検索


STORE MOBILE

QRコード


Yahoo!ブックマークに登録